のぼり旗でコロナウィルスの感染対策をしっかりアピール!

HOME   |   のぼりの効果   |   デザイン   |   オーダー   |   ブライダル   |   業者   |   費用   |   宣伝効果   |   技法   |   消耗品   |   印刷業者   |   感染対策   |   再生繊維   |   SITEMAP   |  

のぼり旗の様々なデザイン

テイクアウトとのぼりの効果

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、飲食業界は客席数を減らしたり
営業時間を短縮するなどの対策が必要とされています。

客席を減らせば当然時間帯当たりの売上が減少しますので、
今まで通りの売り上げを期待することはできません。

そこで必要なのがのぼりによるテイクアウト開始の宣伝です。

テイクアウトの宣伝

今までテイクアウトができなかったようなお店でも
持ち帰りができるようになった店は多くありますが、
宣伝不足のため思ったほど伸びていない店舗もあります。

テイクアウトは客席を減らしたことによる客数減少を
補うことができる仕組みですが、うまく利用すれば客席数と
利用時間という制限がない分、売上がアップする可能性もあります。

のぼりにはテイクアウトに切り替えたことを知らせる効果だけでなく、
営業中をアピールする効果もあるのです。

のぼりはいくつか種類を用意しておくと良いでしょう。
主力メニューやおすすめメニューを宣伝することで出数をコントロールしやすくなります。

場合によってはUberEatsのような宅配システムを取り入れて、
そのまま持ち帰るお客さんだけではなく、インターネット上から
注文できるような仕組みを取り入れてみるのも良いでしょう。

適者生存、今後も生き抜くには

今回のコロナウィルスだけではなく、感染症は今後も新しいものが発生するリスクは常にあります。
その時代に合った適応をしていかないと、飲食店に限らず世の中の会社は生き残ることができません。

いくら感染対策を行っていたとしても人が集まれば感染が発生する危険性は常にあります。
リスクを分散した営業をすることが大切です。

のぼりを出していることでコロナウィルスに対して乗り切るための努力を
周囲に知らせることもできます。感染したいと思う人はいませんので、
自然と人は安心できるお店を使うようになるため、テイクアウトを導入しているだけでも
プラスに見られる可能性があるのです。

のぼりの効力

感染対策は継続して続けていかなくてはならないので、最初だけではダメです。
のぼりを出しっぱなしにしてしまうと最初だけだと思われてしまう可能性があるので、
閉店時にはしまうようにしましょう。

また、設置場所が公道になると問題が発生する可能性もあります。
私有地からはみ出さないように注意し、アピールしたいからと言って周囲の人に
迷惑がかかることがないように注意しなくてはなりません。

トラブルにならないように店舗周辺や自治体でのルールを見直して設置しましょう。